【16日目】クアンシーの滝観光とタイへ移動開始!

Scroll down to content
1.托鉢

えーっこの漢字。なんて読むかわかりますか??僕はこの文章を書くまで間違って覚えてました笑「たくはつ」です。「たくはち」ではありません。

日本でも見たことあるんではないでしょうか。

僧が修行のため、鉢(はち)を持って、家の前に立ち、経文を唱えて米や金銭の施しを受けて回ること。

とあります。ルアンパバーンでは毎朝行われていますが。違うのは、”家の前に立ち”というところ。逆にお坊さんが歩き施しを受けることです。

こちらも朝早起きしてみてきました!

1-1.場所

時間は5時頃に目覚ましをかけました。睡眠時間4時間ないくらい。とてつもなく眠い。が、ルアンパバーンの朝はぼんやりと明るい。DSC_0245-001

情報によると、

①寺院の近くを通る
②施しを与える人がいる場所を通る

とのこと。グーグルマップなどで調べるとワットシェントーン近くの場所をさしますが、僕らはここら辺で②の施しを与える人がいたので待機してみる事に。

場所にしてここら辺。(良いピンが打てなかったのでおととい行ったレストランの近くです。)

待つ事1.2分程度。

1-2.托鉢の写真

ちょうどすぐに現れました。なんとも厳粛な雰囲気。一列に10~くらいでしょうか。

DSC_0259-001

このぐらいの小さな子も。

DSC_0301-001

がんばってついているにもかかわらず歩幅のせいか距離感。

DSC_0306-001

逆にこのくらいの年をめされた方も。

DSC_0316-001

色々なルートがあるようですが寺院の数だけグループがあるのか、多くのグループに別れていたように感じられます。

また、施しを与える体験もできるそうなので余裕がある方はぜひ。

こうして寺院などを通してみるとラオスが熱心な仏教国である事が伺えます。

もっと滞在して色々見たかった。。。

2.ルアンパバンの秘境。クァンシーの滝

ルアンパバン滞在最終日。訪れたら必ず行くともいける秘境と絶景クァンシーの滝へ!

また、雨季は水量も多く、見ごたえがあるとの事!テンション上がります!

2-1.行き方

ルアンパバンの街から30キロほど離れたクァンシーの滝へは40分ほど!

僕は前日に宿でバンを予約して行きました!

基本トゥクトゥクやバンでの移動になりますね、、。結構ぼったくられたりするそうなのでご注意を。。基本50,000キープくらいです。

僕の宿はなぜか安く35,000でした笑

2-2.クァンシーの滝の絶景

バンに揺られる事45分。このバンの運転が毎日しているのかめちゃくちゃうまい。ギリギリすれ違えるであろう場所を時速50キロで飛ばし、タイヤが沈むほどの凸凹の際は極端にスピードを落とし、衝撃を少なくする(それでも座席からお尻が浮く)施しがあり笑

着くと小さなパークのような場所があり売店もあります。

DSC_0343-001

こちらが入り口!ここで20000キープ払う事になります!僕のバンでは先に回収されてスムーズに入れました!

DSC_0344-001

入ると左手に早速見えるのが場所案内。どうやら数段階踏むよう。

DSC_0345-001

少し進むとお出迎えがクマ!結構な数います!そして、なかなか近くで見える!だがしかし、いかんせん暑さのせいでか、元気が全くありません笑

DSC_0348-001

こんな起き上がってるのなんてほんと一瞬シャッター切りました笑

DSC_0351-001

クマの動物園?をすぎると意外と森。進んで行きます。

DSC_0353-001

すると!おおッ!写真で見た通りあおい!しかし、ここで雨。。そのせいかあまり青が伝わりませんね。。。泳いでる人もいます!

DSC_0357-001

まずは一番上を目指してすすみます!まだ雨。。

DSC_0359-001

そして、ついにたどり着きました!若干補正かけてますが、この青さ!そして雨止んだ!!!!

DSC_0368-001

DSC_0381-001

DSC_0450

うーん。どれも息を飲む絶景。めちゃくちゃ青い!

あとで写真整理してて枚数の多さに自分でも驚かされました笑

もちろんそのあとは、ここから飛び込んだり。DSC_0454

蝶の写真をとったり

DSC_0402-001

振り返ってみたり!

DSC_0401-001

見て綺麗。はいって綺麗。撮って綺麗。の3点揃い!

ちなみに魚もめちゃくちゃいて触れるくらい!

最高に楽しみました!帰りはバンの中で一緒だった世界一周の人と話したり。。ラオス意外と日本人多い!

約4時間ぐらいはしゃぎましたが十分!帰りのバンが迎えにきてくれるので待ちます。

2-3.夕ご飯

どうしても別にここの欄を作りたかった…!短い時間で食べるにはカップ麺しかありません!しかもこんな日本から遥か離れた山奥のラオスでまさかこいつにありつけるとは…!

マコトさんと一緒にカップ麺をすすります!僕が食べたのは右2つ!

カップ麺のありがたさ。そして日清うまい!

DSC_0456

3..タイ北部都市チェンマイへ

はい。そんなカップ麺を2つどちらも激辛でむせて鼻の中に麺が少し残った状態でチェンマイに向かうバスのあるバスターミナルに向かいます。

カップ麺食べたのも食べたかったのと安いのはありますが、もう一つ。何よりも時間がない。

16時45分頃宿に戻ってきてからカラスの行水でシャワーを浴びます。そこからはカップ麺食べてこんな感じ。

3-1.行き方

18:00 宿にてピックアップ→バスターミナルへ

19:00 バスターミナルから出発

翌日8:00 国境付近到着

こんな感じなんですがまぁトラブルというか待たされてばかり。⬇︎実際はこちら。⬇︎

17:30 ピックアップ 早すぎやねん。ビビるねん。

そのほかにもバスターミナルに行く人は何人かいるらしく、幾人か拾ってバスターミナルへ。

ちなみにどっちのバスターミナルか載ってないサイトが多いので記載すると、北バスターミナルです。

18:05  バスいつくんねん!ってマコトさんが聞いてる絵。

DSC_0457

実際よく見てみると19時に発車するバスは一台しかなく止まってるのがあるのだが。

18:45 いつまで入らせずに外で待たすんじゃ!

DSC_0458

それで、こいつが待っていたバス。出発時間の10分前になってももちろんあきません。5分前くらいかな。ギリギリかい。

19:05 バス乗車後すぐ発車。

DSC_0459

ちゃんと今回は場所も決められててしっかりしてる感じ。ちなみに2人で人組みのベッドみたいなところで寝るから一人だとちょいきついかもね。。。

寝心地はまぁまぁ。ハノイからのに比べて荷物置くスペースが若干増えたのでそのぶんは寝やすかった!

僕はマコトさんと寝ました(決して変な意味では全くもって微塵もない)

続きは明日へ。。

4.本日使ったお金

■食費

・飲み物代
5,000キープ(67円)

・夕食
10,000キープ(135円)

■その他

・クァンシーバン代35,000キープ(472円)

・クァンシー入場料20,000キープ(270円)

■合計

食費15,000キープ(202円)+その他55,000キープ(742円)=70,000キープ(944円!)

まとめ

・朝早起きして托鉢はみるべき!
・クァンシーの滝はいくべき!
・ピックアップには注意すべき!

ブログ村に参加してます!1日一回クリックの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。