【15日目】ルアンパバーンのナイトマーケット!

 

1.ルアンパバーン観光2日目~午前~

ルアンパバーンも2日目。日中は暑いのでこれからの旅程やこういったブログなどを書き〼!

実を言うと、このラオスまでの宿や経路はすべて決めていたのですが、それ以外はどの都市を回るなども暫定状態。

まずは、次のスポットチェンマイに焦点をあてて、移動手段から探すことに。

1-1.ルアンパバーンからチェンマイに向けたバス

ラオスのルアンパバーンからタイのチェンマイへは、ベトナムからラオスに入国するほど時間はかからないらしいとのこと。

また、同じドミトリーのマコトさんも次はチェンマイに行かれるらしく、一緒にまずはバスのチケットを探しに行く事に!

いくつかの代理店を探したが、まちまち。

350,000とか320,000とか。宿までのトゥクトゥクのピックはあるとかないとか。

そんななかネットで調べた情報を頼りにあるお店に行って見た。

こちらのお店!実際は地図よりも奥に数十メートル行った先にあります。


ラオスの中はスリーピンングバスで13時間移動し、タイに入ってからはバンで5時間ほど移動するとの事。

値段も300,000キープとピックアップもついて聞いた中では最安だった。

後半のバンはスリーピングではなく寝れないのでそこだけ気になったが、5時間ならいいとしよう。

予約すると宿を聞かれ、ピックアップの時間を確認。

サインと現金を渡して終了!

これで次の国への足ができた!

1-2.ルアンパバーンの日中

ここでルアンパバーンの日中についてふれると、日中はやっていないお店が非常におおい!

と、おそらくナイトマーケットを除けばやっていないお店もそこまででも無いのかもしれないが、日中はいかんせん活気がない状態。

DSC_0145-001

そのため色々見ようと思ってもなんとなく気が入らない。

僕らもバスチケットが終わった後はチェンマイでの宿を探したり、今後のルートを考えたりと宿でゆっくりしていた。

しかし、考えてみればハノイやフエなどでは絶えずクラクションややりとりの叫び声が聞こえたが、ルアンパバーンでは全くなく本当にゆっくりと時間が流れている。

そして、16時をすぎたあたりから観光に行く事に!

2.ルアンパバーン観光2日目~午後~

16時すぎ夕日も傾き始める事今回は一人でぶらぶら出歩いてみる事に!

ルアンパバーンの街で見所が多く固まっているところは歩いて回れる距離だ。それ以外はバイクや自転車で郊外まで出る方法!

僕も16時すぎから回り始めたが実際3,4時間もあればだいたいは回る事ができるだろう。

僕が最初に向かったのはワットシェントーン!

2-1.ワットシェントーンとメコン川

有名なのはわっとシェントーンだが、もちろんそれ以外にもたくさんある。なんなら歩けばすぐに見つかる程度。こちらもわっとシェントーンへ向かう途中に見つけた。

DSC_0167-001

ワットシェントーンはここ!

こちらだけ入場料で20000キープ必要になる。が、入ってみると他の寺院とは違った一面が見えて面白い!

DSC_0206-001

内部には綺麗な装飾が施されていて、奥には像も見受けられる。

DSC_0202-001

他にも外側の壁には様々な絵が書かれていてこれもワットシェントーンならではなのではないか。

DSC_0210-001

像の様子も描かれているあたりさすが像の国家資格が取れる国。

DSC_0212-001

他にも多くの建物が寺院内には存在している。

DSC_0213-001

また、王家にまつわる多くの骨壷が安置されている場所もある。ここはルアンパバーンに来たら外せないポイントではないか。

続いてワットシェントーンからメコン川の河川まで移動してぶらつく事に。

メコン川クルーズを楽しむ船や

DSC_0176-001

現地で漁を行なっている人など。

DSC_0178-001

気持ちよすぎて30分位はぼーっとしてたきがする。笑

そこから少し川沿いを歩くと、なんだこれ!激頼りない橋が。。

DSC_0192-001

拡大するとこんな感じ!どうやら渡るのにもお金がかかるらしく、ラオスでは極貧生活中だったので渡れなかったが、残念。渡りたかった。。。

DSC_0194-001

調べてみると地元では対岸との大切な橋らしく、見た目ほどヤワじゃないらしい笑

DSC_0195-001

2-2.ナイトマーケット!

さて、メコン川のほとりを歩いた後は再びナイトマーケットのある通りを散策する事に。

んー素敵かよ!こんな景色が嫌でも(嫌じゃないけど)目に入って来ます!ナイスビュー!

DSC_0219

んで、日が暮れると毎日マーケットの通りはおおくの屋台で賑わう訳で、こんな感じでタイパンツならぬラオスパンスを売っていたり、

DSC_0230

赤ちゃんサイズ?(より小さいんじゃない?笑)の靴を売っていたり、

DSC_0220

日本とは違った独自の色の傘が売っていたり。

DSC_0225

ランタンが売っていたり、

DSC_0233

とにかく楽しい。多分盛らないで4往復はしたと思う。もちろん色々回って値切り交渉!これがね。やっぱ楽しい!ただ注意が必要なのは、ラオスは物価が高くベトナムの1.5~2倍近くした。

2-3.夜ご飯

値切りに値切ってラオスのステッカーやポーチなどを買ってみた後は夜ご飯!

『TAMARIND TREE RESTAURANT MEKONG』

DSC_0242

実はさっきの夕日の場所のすぐそば!夕方に行けばよかったけど、夜は夜で川の涼しさを感じて食べられたのがよかった!そして、ここは多分メコン川ビューができるレストランで最安!

カオ・ピヤック・センという麺類とカイペーンという韓国海苔のようなもの。

麺類の方は味加減がなんとも絶妙ですごく美味しい。鶏肉も入っていてしっかりと味が染み込んでて食べ応えもあり!

カイペーンは左下の香辛料をつけて食べるのだが、こいつも絶品。しかもメコン川で作られたもの!ゴマの他ににんにくがついていておつまみ的な。もう最高ですね。それにいつものシェイクを注文!

DSC_0241

ルアンパバーンはいくつかの通りにレストランが固まっているので色々と見てみるとおもしろいかも!にしてもラオスの地元料理はすごく合う気がする。。。!

 

3.本日使ったお金

■食費

・飲み物代
5,000キープ(67円)

・夜ご飯
43,000キープ(580円)

■移動費
0キープ(0円)

■その他

・チェンマイ行きのバス代 300,000キープ(4,050円)

・ワットシェントーン入場代20,000キープ(270円)

・ナイトマーケットお土産代40,000キープ(540円)

■合計

食費48,000キープ(647円)+移動費0キープ(0円)+その他360,000キープ(4,860円)=408,000キープ(5,508円!)

まとめ

・ルアンパバーンからチェンマイ行きのバスはALL LAO SERVICEで!
・メコン川の夕日は必見!
・ナイトマーケットは値切り!食べ物は現地料理を!

ブログ村に参加してます!1日一回クリックの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください