【13日目】ラオスの世界遺産都市。ルアンパバーン到着

Scroll down to content
ルアンパバーン28時間バス移動②

バスを乗り約4時間。0時を回っても一向に眠くなりません。というかねれないのか。

耳栓やアイマスクをしてもベトナム人は電話。ネオンはギンギン。こりゃねれん。

寝てるベトナム人もいましたがこの環境で熟睡。どこでも寝れるとはこのことか。

1-1.夜中?のご飯

あまりにねれなかったので夜ご飯を食べて眠くなる方法へ。そう!お腹を満たして寝るってやつ!

この右のサンドイッチみたいなものがめちゃくちゃ美味しかった!!満腹になり、案の定寝れそうになった寝ることに。単純ってすばらしい!笑

1-2.初の陸路国境越え!

朝7時頃。「ラオス!ラオス!」と言って起こされます。気がつけばこんな場所!

おひょーやべ!もう国境やん!慌てて出入国カードの書き方を調べ、、

ベトナム人と揃ってぞろぞろ歩き出します。なんもない。

出国待ち。現地人らしき人達は賄賂なのかお金をパスポートに挟んで渡してました。

あのお金なんだったんだろう。。。

1-3.ラオス入国!

さて、出国スタンプも無事に押されて入国へ!5分ほど歩きます。ここはラオスなのかベトナムなのか。。。どこの国にも属してない気がしてなぜかテンションが上がる僕。笑

どこかのサイトでは入国カードいらないなどと言われてましたが、実際は書きました!ただそれは現地人ではない僕らだけ!そしたらすぐにスタンプを押され、無事入国!

バスもしっかりと検問の様なものを通ります。

どのタイミングで積まれたかわからないなぞの袋が大量に。。どうやら密輸なのかな。。検問はあまり意味をなしていない様。

なにはともあれ無事ラオスに到着できてよかった!

2.無事ルアンパバーンへ。

ルアンパバーンへ行くバスも後半戦!あとはなにも怖いことはない!と思い、寝ました!しかも、途中で人が降りるので、隣に荷物を置いてぐっすりと!時々起きるとこんな絶景が!

2-1.バスの中の女性達とトゥクトゥクシェア!

夜の21:35分にルアンパバーンの南バスターミナルに到着。僕と同じくハノイから乗って来た現地人ではない旅行客2人の女性とともにトゥクトゥクをシェアして街まで進みます!

だがしかし、彼女達はkipを持っていない!ので僕3人分払う羽目に!笑

途中の休憩でATMでおろしておいてよかった!

2-2.宿へ到着。

宿の近くまで送ってもらい。無事宿に到着。

10時頃にチェックインしました!

LPQ Backpackers (Chanthy Banchit G.H)

こちらのお宿!今まで最低レベルの安さ!驚き!朝食もついてるやーん!

とこの時は思っていた。。。

2-3.まだ終わらぬ恐怖~南京虫~

そういえば〜agodaでここの評価低かったけど、なんでや〜って思ってレビューを見てたら

南京虫が出るらしい。。。

南京虫をネットで調べるとそれはおぞましく、吸血されると凄まじい痒さを伴うらしい。。

携帯を弄っていると。。。いた。。ベッドの右上に。もう写真なんか撮る暇もなくぶっ飛ばしたよね。ポイッ

そのおかげもあり、バスで寝まくったせいかその日は朝4時半まで眠れなかった。。

結局刺されなかったのは何よりもよかったが、これからがすごく心配である。。

3.本日使ったお金

■食費

・飲み物代
5,000キープ(67円)

■移動費
・トゥクトゥク代

45,000キープ(603円)

■合計

食費5,000キープ(67円)+移動費45,000キープ(603円)=50000キープ(670円!)

まとめ

・国境越えは従ってればいける
・休憩するところで両替もしくはキープをATMで引き降ろすこと
・トゥクトゥクは意外と高い!

ブログ村に参加してます!1日一回クリックの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。